ベントレーが生み出すV8エンジン│色褪せない魅力を持つ60年の歴史

Bentley motors

現在生産されているV8エンジンの中で最も長い歴史を誇る、ベントレーのV8エンジンは誕生から60周年を迎えた。

1959年、S2モデルにV8エンジンが初搭載されて以来、その魅力は色褪せていない。実際に、現行のミュルザンヌ ラグジュアリーリムジンにもその流れを受け継ぐV8エンジンが搭載されている。

V8エンジンは、これまで23のベントレーモデルに使用されてきた。時代と共に進化を遂げ、1959年から今日までに3万5898基が生産されてきたことが、このエンジンに対する評価の高さを物語っているといえよう。最新の6¾リッターV8ツインターボは、設計、エンジニアリング、ハンドビルドのすべてが英国クルーで行われ、熟練技術者の手で15時間かけて仕上げられている。S2モデルに搭載された初代V8は、数十年の間に隅々まで改良が施されてきたが、V8の象徴である基本的な構造とサイズは60年経った今も当時のまま。

ベントレー・モータースのエンジニアリング責任者、ヴェルナー・ティーツはこうコメント。「初代V8はパフォーマンスの大幅なステップアップに加え、スムーズさ、信頼性、洗練性の向上を目指して設計されました。過酷を極めた試験は数十万マイル以上に及び、500時間のフルスロットル試験も行われました。その精神はBentleyが誇る6¾リッターV8にしっかりと受け継がれ、現行Mulsanneの成功を支えています」

初代V8エンジンの開発が始まったのは、ベントレー本社が現在のクルーに移転して間もない、1950年代初頭のこと。Mark VI、R-Type、S1に搭載されていた6気筒エンジンに代わる新エンジンを秘密裏に開発するという命を受けたのは、シニアエンジンデザイナーのジャック・フィリップスであった。


フィリップスは、6気筒が収まっていたボンネット下のスペースにぴったりはまるサイズで、重量を増やさず、出力を50%以上アップするエンジンを目指す。彼はチームスタッフとともに、当然の流れとしてV型に辿り着き、設計開始からわずか18か月でエンジン性能試験にこぎつけたのだ。 

形になったばかりのエンジンに対して行われた試験は過酷なものであった。テストベンチで500時間以上のフルスロットル試験、路上で数十万マイルの走行試験がそれぞれ実施され、新エンジンの真価が問われた。試験が完了すると今度は熟練検査官らが新エンジンを分解し、最高レベルの厳格な基準を満たしているかどうかの点検が行われたという。 

そうして誕生した6.2リッターV8エンジンは、6気筒より30ポンドの軽量化を実現。1959年には、そのV8エンジンを搭載したBentley S2が発売されました。S2には、エアコンディショニングやパワーステアリング、電動式ライドコントロール、プッシュボタン式ウィンドウリフトなど、当時世界最先端の豪華な装備が搭載されており、革新的な1台であった。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事