1835年創業ホテルが贈るバレンタイン│書家とフランス文学の出会い

1835年創業の老舗パラスホテル、ドーチェスター・コレクションのル・ムーリスでは、2月14日にあわせて芸術的なバレンタインを企画した。2019年に引き続き、日本人アーティスト中塚翠涛を迎えて、作品展示とともに、バレンタインディナーでシェフとのコラボレーションを披露する。

2020年2月10日から24日まで、ル・ムーリスは書家・中塚翠涛の作品をホテルのグランドフロアに展示する。ル・ムーリスに隣接する1801年創業の老舗英国書店ガリニャー二が厳選したフランス文学の愛の詩を基にインスピレーションを広げて、書・絵・インスタレーションがグランドフロアに展示される。書家がフランス文学が出会うと、一体どのようなアート作品が生まれるのか、ということをテーマとしている。



2月14日バレンタイン当日のディナーは、ル・ムーリスの中心部に位置するレストラン・ル・ダリで、中塚翠涛がシェフとコラボレーション。この日のメニューは、フォアグラのロワイヤル、ベルガモット風味のカニ、シャンパーニュのサバイヨン仕立てのヒラメ、仔牛肉とトリュフ。全ての料理が、シャンパーニュ・メゾン、バロン・ド・ロスチャイルドとの完璧なペアリングとなる。

デザートは、世界的な人気を誇る ル・ムーリスのシェフ・パティシエであるセドリック・ グロレが特別に作る「バラのサントノレ」。こちらは、2月1日から16日まで、ホテル内のパティスリーブティック ラ・パティスリー・ド・ムーリス セドリッ ク・グロレでも購入することが可能だ。



また、作品が展示されている2月10日から24日の期間中は、中塚翠涛が描いた Love のカードに愛の言葉を書いて、ル・ムーリスから送ることが可能だという。ホテルのコンシエルジュが愛のキューピット役として、フランス国内もしくは世界にカードを送ってくれる。日頃伝えられない想いをアートなカードに託すのはいかがだろうか。


レストラン ル・ダリ バレンタインディナー
2020年2月14日
一名 250ユーロ (バロン・ド・ロスチャイルドのシャンパーニュとのペアリングメニュー)
予約必須 ledali.lmp@dorchestercollection.com
ドーチェスター・コレクション予約センター:0120-914-084(日本語対応)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事