鬼才の傑作をカジュアルに楽しむ│小さなクルーザーのようなフィアット850の魅力

CARZY

1964年にフィアットの大衆2ドアRRセダン600(セイチェント)が850へ進化すると、それをベースに様々な派生モデルが誕生。850の場合、ミニバンやバン、クーペ、そしてスパイダーという企画がされた。

それぞれのスタイルを別々のデザイナーやカロッツェリアに任せるという手法は、当時のイタリアメーカーでは当然のことで、同じ車名であっても個性の際立つ色々なデザインのモデルが現れた。例えば、社内(ベルリーナ)とベルトーネ(ベルリネッタ)、ピニンファリーナ(スパイダー)が競演したアルファロメオ ジュリエッタが挙げられる。

850をベースとしたスパイダーは2ドアサルーン(メインモデル)のデビューに遅れること1年、1965年にクーペとともに登場。ジョルジェット・ジウジアーロが在籍中だったベルトーネがスタイリングを担当し、生産までをも引き受けた。

そのスタイリングは63年にベルトーネが発表したシボレー・テステュードと同じ方向性のシンプルなデザインでまとめられており、後にランボルギーニ・ミウラ用として利用される特徴的なヘッドライトや微妙な弧を描くフロントフェンダーライン、潔く平らにされたリアのスチール製トノカバーまわり、さらにはその下へとキレイに収まるソフトトップなど、そこかしこに若き時代のマエストロらしいこだわりのデザインがみてとれる。ちなみに、ヘッドライトとともにリアランプやドアノブもその後ミウラに流用された。



車名の数字が表すとおり、850(843)ccの水冷直4エンジンは、シリーズで最高となる49psを発揮。4MTと組み合わされて、最高速は145km/hを誇った。68年になるとマイナーチェンジされ、シリーズ最強となる52psの903ccエンジンが搭載される。同時に車名も850スポーツスパイダーとなった。残念ながら、アメリカ市場対策のため特徴的だったヘッドライトデザインが改められ、もはや繊細なデザインの妙味は失われたが、当のアメリカ市場では大いに人気を博したためにシリーズのなかでは長めの73年まで生産されている。スパイダーの生産台数は14万台程度で、シリーズ全体としては230万台以上が世界中で販売されたといわれている。

車両情報提供:CARZY(文:西川 淳 写真:橋本 玲)

RECOMMENDEDおすすめの記事