8年間も売れ残り?│ピニンファリーナが手がけた世界に一台のロールス・ロイスが販売中

alainclass

ピニンファリーナが手がけた世界に一台のロールス・ロイスが8年間も誰の手にも渡らず売りに出されている。

その世界に一台のロールス・ロイスというのは、ファントム・ドロップヘッドクーペをベースに、ピンファリーナが注文したカスタマーの要望を取り入れながら製作した"ールス・ロイス ハイペリオン ピニンファリーナ"ある。2人乗りのロードスタータイプになっており、フードにべニア板を使用するなど他のロールス・ロイスとは違う雰囲気を醸し出している。フロントマスクやリアビューすべて含め、一見するとよく知られるロールス・ロイスの姿ではないものの、インテリアにはウッドを多用し、ロールス・ロイスとピニンファリーナという珍しい組み合わせのエンブレムも掲げられている。



注文したオーナーは2012年に400万ポンド(現在のレートでは6億円以上に相当する)で売り、2012年からドバイのハイエンドな車を取り扱う販売店で売りに出されているものの次のオーナーが8年間見つかっていないという。現在の販売価格は200万ユーロ(約2億5000万円)となっている。その独特な見た目がゆえに、次期オーナーが見つかっていないのだろうか、その理由は様々なものが考えられるが一刻も早く世界に一台の貴重な車が誰かの手に渡ってもらいたいものだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事