ランボルギーニのサーキット専用マシン「SCV12」が登場│830馬力を発揮する特別なマシン

Lamborghini

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが開発した、トラック専用ハイパーカーであるランボルギーニ SCV12が2020年夏にワールドプレミアされる。SCV12はチェントロ・スティーレによってデザインされ、V12 自然吸気エンジンを搭載しているマシンである。そのパワーは830hpにも達するという。

SCV12にはランボルギーニ・スクアドラ・コルセがGTモータースポーツで培った技術が注ぎ込まれ、GT3マシン以上のダウンフォースを実現している。ボンネットには2つのエアインテークが備えられ、ルーフに付けられたラムスクープへと流れていく。車の動きによって発生する動的なエアフローがエンジンのインテークマニホールド内の静的な空気圧を増加させ、過給状態を作り出すことでエンジン出力の増大に貢献している。リアウィングはカスタムビルトされたカーボン製。シャシーもフルカーボンで、サーキット走行においてその力を発揮させるのだ。



駆動方式は後輪駆動、ギアボックスはシーケンシャル 6段が採用され、プッシュロッド式リアサスペンションが直接取り付けられている。マグネシム製ホイールはフロントが19インチ、リアは20インチを履いている。



SCV12はサンタガタ・ボロニェーゼのランボルギーニ・スクアドラ・コルセで限定台数だけ生産される。限られた特別なSCV12のカスタマーは世界有数のサーキットで開催されるドライビングプログラムなどにも参加できるようになるそうだ。さらに、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセの特別プロジェクトコンサルタントであり、ル・マン24時間レースで通算5度の優勝を経験したエマニュエル・ピロによる特別指導なども含まれているとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事