「最初の大いなる愛」を蘇らせる│あるポルシェ911Sと一人の男のストーリー

Porsche AG

ホルヘ・カルニチェロは、ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクチュアのサポートにより、素晴らしい彼のポルシェへの愛の記憶をよみがえらせた。

1971年に感じた、彼の「最初の大いなる愛」。どのように出会ったかについて話すとき、彼の顔には笑顔が輝く。しかしすぐに、「私は人生で最大のミスを犯しました」と彼はいう。シルバーメタリックの1971年 911S と出会い、ひと目で恋に落ちたカル二チェロ。しばらくその911Sに乗っていたが、何を心変わりしたのか新型911に乗り換えてしまった。何故あんなにも愛した車を簡単に手放してしまったのかと、68歳になっても彼は後悔しているのだ。「失って初めて自分がとんでもない過ちを犯してしまったことに気付きました。あのシルバーのポルシェ 911Sをどうにかして取り戻せないかと、何度焦がれたことでしょう。永遠に忘れられない、ほろ苦い初恋です」。



カルニチェロは、911Sのリアサイドウィンドウに貼られていた『Porsche Markenweltmeister 69、70、71(ポルシェ世界メーカー選手権 69、70、71年)』と記されたステッカーを今でも思い出すという。彼はドイツ語ができるわけでも、モータースポーツに興味があったわけでもなかったため、ステッカーの意味も分からなかったが、それがスポーツカー選手権チャンピオンの意味だと分かった瞬間、新しい世界の扉が開かれた気がしたという。「911Sにはぞっこんでしたが、 “スポーツカー選手権3年連続優勝” などといわれたら、たまりませんよ」

初恋を手放してしまったカルニチェロは、ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクチュアのサポートを受けながら、理想に近いポルシェを購入してきた。しかし、彼によって本当の理想の相手と出会うのは、あの日から50年近く経ったときのことだった。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事