スーパーカーを代表する一台!ランボルギーニ・ディアブロ 30周年!

lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、ランボルギーニの歴史の中でも最も象徴的なモデルのひとつとなっているディアブロの30周年を祝った。

ディアブロの物語は1985年に始まった。ランボルギーニシリーズのトップに君臨するカウンタックのかわりとなることを目的として、コードネームはプロジェクト132だった。洗練されアグレッシブなボディラインは、マルチェロ・ガンディーニによるプロジェクトの結果であり、クライスラーのデザインセンターによって部分的に修正されている。

1990年に公にされたディアブロは初日からファンの心をとらえた。というのも、発売時には公式に世界最速の量産車であり、最高速度325km/h(203.1mph)を実現していたのだ。そのダイナミックなパフォーマンスは、ラリーチャンピオンのサンドロ・ムナーリを巻き込んで行われた激しい開発工程の結果であった。



ディアブロは、5.7リッターエンジン、4つのオーバーヘッドカムシャフト、シリンダーごとに4つのバルブを備え、485hpと580Nmのトルクを発生できるマルチポイント電子噴射を備えたクラシックなランボルギーニの12気筒セットアップがされていた。インテリアはレザーで、エアコン、パワーウィンドウ、電動シートを備えた豪華な仕上がりにもかかわらず、ディアブロはハードな車である。1993年まで電子駆動補助装置やパワーステアリングは採用できなかった。



1993年、アウトモビリ・ランボルギーニは、4輪駆動を搭載した最初のランボルギーニ・グランツーリスモであるディアブロVTを発売した。同年、創業30年を記念して特別なSE30シリーズを発表し、523hpにパワーアップされた。 ディアブロSVは、1995年のジュネーヴ・モーターショーでデビューを飾る。最大出力は510hpで、調整可能なリアウィングを備えた2輪駆動バージョンとして生産された。同年の12月には、ディアブロVTロードスターが市場に登場した。ランボルギーニ初の12気筒、オープンルーフ、量産モデルで、4輪駆動のみとなった。

ディアブロは、ランボルギーニの中で最も生産された車で、計2903台に及ぶ。ムルシエラゴに引き継がれた2001年まで生産された。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事