ベントレーの最新技術が注ぎ込まれたエンジン│フライングスパーV8の原動力

Bentley motors



高応力とボア摩耗に耐えるために、シリンダーボアは大気プラズマ溶射プロセスを使用して鉄合金でコーティングされており、堅牢でありながら紙一枚分の厚さに匹敵するわずか150ミクロンの厚さのコーティングが施されている。

燃費を最大化するために、V8エンジンは、軽負荷状態でトルクが250Nm以下、エンジン回転数が3500rpm以下のときに、8つの気筒のうち4つの気筒を停止させることができる。この変化は乗員には感知できないが、作動停止時間は約20ミリ秒(まばたきにかかる時間の10分の1)だ。

このエンジンは、吸排気バルブを介して必要に応じて2、3、5、8シリンダーをオフに切り替える2ステージスライドカムシステムを採用している。その結果、エンジンの負荷と回転数に応じて最大30%の燃費向上を実現し、航続距離の拡大、環境への影響の低減、燃料停止間の走行時間の延長を実現している。



新型フライングスパーV8は、ドライバーを中心とした能力を発揮するように設計されており、グランドリムジンに期待される洗練された快適性とテクノロジーを乗客に提供する。

フライングスパーシリーズは、クラシックなベントレーのデザイン、クラス最高の実力、本物の素材により目的意識を持ちながらもエレガントに仕上げられている。新型フライングスパーV8は、現代的なエンジンテクノロジーを搭載しているだけでなく、最新の運転支援システムやインフォテイメントシステムを搭載しており、すべての旅の安全性、安心感、そしてリラックス感を高めてくれる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事