ピーター・セラーズがソフィア・ローレンよりも愛した!? フェラーリの最高峰モデルとは

フェラーリ 500 スーパーファスト(Photography: Lies De Mol)



セラーズは世界一おもしろいと言われた男だったが、ローマでの撮影中、カメラが止まると態度は一変した。エクランドの頭に椅子を投げつけ、歯を欠けさせただけでなく、辛辣な言葉を浴びせかけ、エクランドの心を一層深く傷つけた。エクランドもこの映画にキャスティングされていたが、セラーズは彼女の演技を公然と嘲笑し、すぐに代役を立てるよう監督に要求した。

イタリア滞在中にフェラーリにちょっとした不具合が発生すると、事態はさらに悪化した。セラーズの秘書は、リアのショックアブソーバーの代金26ポンドが返金されるまで、数カ月間にわたり、マラネロ・コンセッショネアーズへ催促状を送り続けなくてはならなかった。一方セラーズは、ヘリコプターと飛行機を使ってロンドンのハロッズからソーセージを空輸するよう注文し、同時にフェラーリ・ディーノ 206Sと、カリフォルニアについての交渉も続けていた。

最高峰のフェラーリ
スーパーファストは王族やVIPを魅了するという点において、ブガッティよりもはるかに大きな成功を収めた。その"エクスクルーシブ・クラブ"には、オランダのベルンハルト・ファン・オラニエ王子をはじめ、イラン国王、アーガハーン王子、エルンスト・ヴィルヘルム・ザックス、ピーター・リヴァノスなど、錚々たるメンバーが名を連ね、スーパーファストの顧客リストは、さながら1964年の『Who’s Who』に掲載された世界の資産家リストであるかのようだった。

セラーズはスーパーファストを1万1518ポンドで購入した。これは、後に彼が購入する275 GTBの2倍、当時ロンドンで立派な一戸建てが買えるくらいの価格だった。「でも、ディーノとカリフォルニアについては、フェラーリが納車期限を守れないことが続いた結果、興味を失ってしまったのです」と語ってくれたのは、ベルギーのテムセに拠点を置くアルビオン・モーターカーズのクーン・ポシェットである。ある大切な顧客に代わり、スターが愛したこのフェラーリを管理している。そして彼の手元には、セラーズの気まぐれな性格を示す山のような書類がある。

スーパーファストは実に特別な車で、後継となるようなモデルはフェラーリからも他社からも発表されなかった。時折、あと一歩というところまで近づけたのは、アストンマーティンとマセラティだけだ。この手の車は、正真正銘の上流社会やセレブリティの消滅とともに、ほぼ絶滅してしまった。最終的に幸運なオーナーの手に渡ったスーパーファストはわずか36台で、そのすべてはスチールを用いピリンファリーナによって手作業で造られたものだ。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation: Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:渡辺千香子(CK Transcreations Ltd.) Translation: Chikako WATANABE (CK Transcreations Ltd.) Words:Bart Lenaerts Photography: Lies De Mol 取材協力:クーン・ポシェット(www.albionmotorcars.com)

RECOMMENDEDおすすめの記事