ドゥカティ・スポーツバイクの世界に足を踏み入れたい人に理想的な一台!

ducati

新型スーパースポーツ950の生産が、ドゥカティのボルゴパニガーレ・ファクトリーで始まった。このニューモデルは、ドゥカティ・ディーラー*で販売される。

ドゥカティ・ワールド・プレミア2021で発表されたスーパースポーツ950は、スポーティさと日常走行における扱いやすさを組み合わせたモーターサイクルで、ドゥカティ製スポーツバイクの入門モデルとして最適な選択肢となる。2021年モデルでは、デザインがさらに洗練され、エレクトロニクスと装備がより充実すると同時に、ユーロ5規制にも適合している。

新型スーパースポーツ950のデザインは、パニガーレV4との関連性がさらに強調されている。デイタイム・ランニング・ライト(DRL)を装備したフルLEDヘッドライトは、パニガーレV4のシャープなライト・シグネチャーを想起させ、フェアリングはスポーティな雰囲気と流れるようなフォルムをさらに強調するためにデザインが見直された。

スーパースポーツ950は、片持ち式スイングアーム、エンジンをシャシの構造部材として使用するトレリス・フレームをはじめとする本格的なスポーツバイク仕様の装備パッケージにより、重量を削減すると同時にコンパクトなボディを実現している。乾燥重量は184kg。エレクトロニクス・パッケージは、コーナリングABS、トラクション・コントロール、ウイリー・コントロール、クイック・シフト・アップ/ダウン、ライディング・モード(スポーツ、ツーリング、アーバン)から構成されている。

数々のアップデートが施されたことにより、スーパースポーツ950は、さらに快適なモーターサイクルに仕上がっている。シートには新しいパッドとフラットな形状が採用され、快適性が向上して、ライダーの前後方向の動きの自由度が高まると同時に、最大のコントロール性とパッセンジャーのための十分なスペースを確保している。ハンドルバーの高さは、手首に負担をかけずにスポーティなライディング・ポジションを取ることができる位置に設定され、フットレストもライダーの膝に負担をかけないように配置されている。

市街地、郊外、サーキットのあらゆるシーンでライディング体験を向上させるため、スーパースポーツ950には、標準バージョンにもクイック・シフト・アップ/ダウンが装備されている。新しいクラッチ・コントロールは油圧式となり、調整式レバーを採用している。ギアボックスは、バイクを停止したときに、より簡単にニュートラルに入れられるように改良が施され、ギアシフトの精度も高められている。

スーパースポーツ950ファミリーのメーターパネルには、4.3インチTFTカラー液晶ディスプレイが標準装備された。メーターパネルには大型のタコメーターが設置され、その中央にはギアポジション・インジケーターが表示される。ライダーは、スポーティなライディング中でも、走行に関する重要な情報を一目で確認することができるというもの。パニガーレ・ファミリーにヒントを得たユーザー・インターフェースを採用することにより、メニュー間の移動と設定の調整が簡単になり、選択したライディング・モードを素早く識別可能である。

ドゥカティ・テスタストレッタ2気筒エンジンは、ユーロ5規制に適合しており、最高出力は110ps@9,000rpm、最大トルクは93Nm@6,500rpm。非常に滑らかなトルク特性により、スーパースポーツ950は、経験豊富なライダーに走る楽しさを提供する一方で、初心者にも扱いやすく、ドゥカティ・スポーツバイクの世界に足を踏み入れたいライダーにとって理想的な選択肢となっている。

新型スーパースポーツ950には“ドゥカティ・レッド”カラーが設定されている。よりスポーティな専用セットアップが施されたオーリンズ製フルアジャスタブル・サスペンションとパッセンジャー・シートカバーを備えた“S”バージョンでは、“ドゥカティ・レッド”または“アークティック・ホワイト・シルク”カラーを選択することができる。


※リリース本文にある諸元はイタリア本国仕様となり日本導入モデルとは異なる場合があります。
※リリース本文にある2月発売はヨーロッパ地域での発売時期となります。日本での発売時期は未定です。 

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事