「ポルシェ ワークス924カレラGTP」の1980年ル・マンでの絶体絶命の窮地と完璧なレストア

ポルシェ カレラ924GTP(Photography:Jamie Lipman, Porsche archive)



35年眠っていたポルシェ
ル・マン後にポルシェの本社工場に戻った924GTPは、ポルシェ・カーズGBのジョナサン・マネルが引っ張り出そうとするまで、実に35年以上も人目に触れないどこかにしまい込まれていた。その数年前、彼は英国チームの車のモデルカーをプレゼントされていた。それはポルシェのワークスカーとして唯一英国の旗をつけた車だった。彼はその車を、オリジナル924の誕生40周年を祝う記念にレストアすることを思いついたのだ。

2015年12月4日、シルバーストンで1980年当時のままの924が集まったメディアに公開され、その車を6カ月でレストアすることが発表された。だがそれはとても無理な話と思えた。たった一度しかレースに出場せず、しかもどこも傷つけていないにもかかわらず、少なくとも数年はヴァイザッハで開発テストに使われていたらしく、いろいろな部品がなくなるか、交換されていたからだ。あの924に再会できたのはうれしかったが、とにかく大変な作業でとても計画通りにいくはずはないだろうと思った。924GTPはただの36年前の市販モデルではなく、スペシャルパーツを手作業で組み上げた車で、後に少数生産された924GTRと比べても大きく異なっていたのだ。

しかしながら2016年6月27日、再びシルバーストンでお披露目された車は、1980年6月に初めて見た時と少しも違いはないように見えた。彼らはすべて新車の時と同じ正しいパーツを見つけるか、あるいは作り、組み立て直したのである。たとえば、120リッターも入る巨大なオリジナルの安全燃料タンクは長いこと失われていたが、ファイバーグラス製のケースや黄色い接着剤に至るまで、当時そのままに忠実に再製作されていた。

シルバーストンのポルシェのテストトラックに引き出されたその924に乗ると、当時のことをたちまち思い出した。レース用エンジンとル・マン用のギアボックスはそれなりの扱いを要する。何しろ1速で80mph(128km/h)に達するほどのハイギアリングだ。スムーズに発進できたが、前の晩に仕上がったばかりというので、充分に注意を払ったが、何ら問題なく180mphで走ることも可能に思えた。

まったく素晴らしい仕事という他はなかった。多くの作業は、ポルシェ認定のボディとペイントのスペシャリスト、マンチェスターのロード&レース・レストレーションズのジョン・ブラッドショーの監督の下に行われた。主要パーツは英国内のポルシェセンターに送られ、作業時間の短縮を図るとともに、オフィシャル・センターがクラシックポルシェのレストアにも優れた技術を持っていることを知らしめようとした。924GTPには通常の作業マニュアルなどはなく、普通の仕事とは比べ物にならないぐらい難しかったのだ。ブレーキやサスペンションなどシャシー関係はポルシェ・グラスゴーに送られ、電気系や配管系、インテリアはポルシェ・リーズが担当、ポルシェ・ハットフィールドはトランスアクスル・ギアボックスを、ポルシェ・スウィンドンはエンジンを受け持つことになった。そのエンジンは、実は82年式だということが分かったが、本物のワークス・レースエンジンはそれしかなかったのである。

ところが、エンジンのリビルドがほとんど終わる頃になって、マネルにシュトゥットガルトのポルシェ・ミュージアムのディーター・ランデンベルガーから電話がかかってきた。チェコにいる有名なエンスージアストが1980年の本物のワークス・ル・マン用エンジンを持っているという。その後、ドイツで和やかなパーツ交換会が催され、チェコ人コレクターはほぼリビルドされた82年製エンジンを持ち帰り、英国人は正しい1980年製ワークスエンジンをスウィンドンに持ち帰った。それは大分酷使され細かい部品を作る必要があったが、基本的には良い状態にあったという。

この偉大なヒストリック・レーシングカーが本来の価値に見合った注目を集めるのは、実に素晴らしいことだ。これは単なる話題狙いのPRプロジェクトではない。レストア計画に関わったポルシェの人々が語ってくれたのは、まったく大変な仕事だったがこれまでで一番やりがいがあった、ということだ。英国内のポルシェセンターの力を結集して完璧に仕上げられた924GTPに再会できたことは感激と言うほかない。しかしながら、36年前のある日曜の早朝、あとほんの少しですべて失われるところだったことを知っているのは私だけなのである。

編集翻訳:高平高輝 Transcreation:Koki TAKAHIRA Words:Tony Dron Photography:Jamie Lipman, Porsche archive

RECOMMENDEDおすすめの記事