芸術作品としての「ブガッティ」|歴史背景を感じさせる名車から家具、調度品まで

アートの目で見るブガッティ(Photography:Petersen Automotive Museum,Bugatti)

ロサンゼルスにあるピーターセン・オートモーティブ・ミュージアムでブガッティの展覧会が開かれた。そこでは、めずらしいブガッティが何台も集められただけでなく、歴史的な芸術作品まで展示された。


1.  2012年 ヴェイロン・グランスポール・ヴィテス
レーシングドライバーのピエール・ヴェイロンに因んで名づけられたヴェイロン16.4は、第二次大戦前のブガッティのスピリットとロマンスが巧みに織り込まれたデザインといってよいだろう。2000年の登場時には126万ドル(約1億4600万円=直近のレートで換算)という高額のプライスタッグが付けられていた。W16気筒エンジンは4個のターボで1001bhpを絞り出し、0-60mph(約96km/h)を2.5秒、最高速は253mph(約407km/h)という性能も価格にふさわしいものだった。もちろん生産車としては当時、世界最速だった。




2. 1925年 タイプ35Cグランプリ
ブレシアで成功を収めたタイプ23をベースに作られたタイプ35の強化版が35Cである。軽量ボディ、改良された操縦性とブレーキ、2リッター・スーパーチャージャー付きの高出力エンジンを武器とし、最高速は137mph(約220km/h)を誇った。履歴を見るとシャシーナンバー"4634"は、ロンドンでブガッティの営業権を有するチャールズ・ジャロット社が輸入した最初のタイプ35Aとある。その後、エンジンを換装してタイプ35Cに改造されたようである。




3. 芸術作品や家具
跳躍するグレイハウンド犬を模したラジエターマスコットはエットーレの2番目の娘、リディアの手になるもの。2脚の椅子はカルロ・ブガッティが1900年にデザインした。油絵はカルロの自画像。





編集翻訳:尾澤英彦 Transcreation:Hidehiko OZAWA Photography:Petersen Automotive Museum,Bugatti

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事