マツダ100周年特別記念車が登場!│ブランド初の乗用車R360クーペをモチーフに

Mazda

2020年1月30日、日本を代表するブランドのひとつであるマツダは100周年を迎えた。そして今回、マツダが4輪車ブランドとして世界的に知られるきっかけとなったモデル R360クーペをモチーフにした特別仕様車を発表した。

この特別仕様車には、マツダ創立時からの「人々の生活を豊かにする」という志を継承し、車づくりの原点を忘れないという想いが込められている。1960年に発売されたマツダ初の乗用車「R360クーペ」は、“多くの人が自ら運転し、行きたいところに出かけられる、そんな生活を豊かにするマイカーをつくる”という強い志のもと、当時の技術の粋を結集して挑戦したマツダの車づくりの原点ともいうべきモデルである。R360に込められたこの想いを、これからも受け継いでいくことを誓い、R360クーペの象徴的な2トーンカラーをモチーフとした赤と白のコーディネーションを採用し、さらに100周年のスペシャルロゴをあしらった特別な装備を内外装に施したのだ。



特別仕様はマツダ全車種に対応しており、限定台数も設けられていない。そのかわり、2021年3月末までの期間限定販売となっている。納車時期については、MAZDA2,MAZDA3、CX-3が6月以降、CX-30、CX-5、CX-8、ロードスター/ロードスターRFが7月以降、そしてMAZDA6が9月以降を予定しているとのこと。



ベース車に対して追加される主な特別装備は、下記の通り。もっと詳しい写真を見る
・フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)
・ヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)
・フロアカーペット(バーガンディ)
・キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印&100周年専用化粧箱入り)
・センターホイールキャップ(創立100周年スペシャルロゴ付)
・創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部)
・エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ
・ソフトトップカラー(ロードスターのみ):ダークチェリー

価格については、MAZDA2が231万円~277万7500円、CX-3が291万600円~341万5800円、MAZDA3ファストバックが289万3869円~394万343円、MAZDA3セダン 302万1436円~394万343円、CX-30が311万7380円~403万6980円、CX-5が385万円~408万6500円、CX-8が438万6800円~500万600円、ロードスターが339万4600円~327万9100円、ロードスターRFが387万3100円~384万5600円、MAZDA6が382万2500円~448万2500円という内容だ。

マツダファンにとっては嬉しい発表であるに違いない。ぜひ、記念すべき100年を共に祝うひとつとして愛車としていただきたい。


より詳しいことは、100周年特別記念車スペシャルサイトへ。
URL:https://www.mazda.co.jp/100th/sv/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事