乗るひとを「ここではないどこか、もっと遠くへ誘う」Newプジョー5008誕生!

peugeot

先日、プジョーブランドからあたらしい5008が発表された。大胆にリデザインされたフロントフェイス、さらに美しく輝く3D LEDのリアライト、あたらしいシートなど、もとより備わる現代性と伸びやかな気品、7人が快適に移動を楽しめるミニバンに匹敵するユーティリティーを保ちつつ、未来のプジョーが持つであろうデザインコードを確立している。乗るひとを“ここではないどこか、もっと遠くへ”誘うSUVの誕生だ。

プジョー5008は、2016年のグローバルローンチ以来、30万台以上が生産され欧州SUV市場を中心にグローバルに好評を博してきた。日本市場においても、ポストミニバンのファーストチョイスとして注目される3列7座SUVマーケットの中で、その洗練され都会的なデザインとクリーンディーゼルの省燃費性、環境性能、プジョーが造るSUVならではのスポーティな走りなどが評価されている。



世代プジョーのインスピレーションを受けてデザインされたNEW 5008のエクステリアは、これまで以上のエレガンスさをもって再構築された。セイバー(デイタイムランニングライト)とフレームレスのフロントフェイス、初採用のフルLEDリアライト、あたらしいボディカラーなど、いまの時代感を反映させたテイストに溢れている。

インテリジェントなテクノロジーにおいても一切の妥協を排している。最新世代のADAS(先進運転支援システム)に加え、ドライビングにおけるUI/UXの革新PEUGEOT i-Cockpit®は、さらにハイコントラストな表示となり、品質を高めた“ブラックノーマル”のディスプレイヘッドセットと8インチの高精細タッチスクリーンが搭載されている。また、インテリアは全グレードに新デザインのシートを採用することでさらなる上質感を得ている。

卓越したデザインの新型SUV PEUGEOT 5008は、日常の仕事にもレジャーにも乗るひとの最高のパートナーとなるだろう。7人まで乗車可能で、運転の楽しさと快適さに妥協することなく、新しいモジュール性を備えた無限のオプションがある。目的を達成するための単なる“移動”ではなく、そのプロセスをも楽しめる“旅”に変え、人類のグレートジャーニー以来、人々のDNAに刻まれている“ここではないどこか”へと誘うモビリティだ。新世代プジョーに共通するエキサイティングでパワフルな未来へのビジョンUNBORING THE FUTURE(退屈な未来は、いらない。)を、このNEW 5008を通じて体感することができるだろう。テクノロジーの進化とモビリティの愉しみは、相反するものではなく、素晴らしい力を持ち合わせているのだ。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事