「101年目のシトロエン試乗記 その1」 ベルランゴは現代の2CVかもしれない

先行発売された限定車は追加分も即日完売


日本ではルノーカングーが独占してきたマーケットに、シトロエンベルランゴが兄弟車のプジョーリフターとともに参入する。カジュアルでアヴァンギャルドなベルランゴとスポーティ&プレミアムなリフターは、外観も内装も仕立てが結構異なり、それぞれのブランドらしさをうまく体現している。正式導入はこの秋とアナウンスされているが、先行発売された限定モデルは予約開始当日に売り切れ、急遽追加された分も同じく初日に完売となるほどの人気ぶりだ。



カングーが日本で異例のヒットとなったのは、「おしゃれなミニバン」が欲しい人に刺さったからだろう。広くて使い勝手の良い室内空間とスライドドアの利便性は求めるけれど、生活感がにじみ出る国産ミニバンは敬遠したいという層が一定数存在しているということだ。

かくいう筆者もヨメさん用の車は初代最終の2009年カングーである。2CVやBX、エグザンティア、2代目C5と、数多くのシトロエンを乗り継いできた筆者にとって、だからベルランゴはとても気になる存在だ。オクタン日本版編集部が広報車を確保したという情報を聞きつけ、半ば強引に2日間借りたのは、そんな背景があったからである。


クロスモデルぽい道具感


C4カクタスから始まり、大ヒットとなったC3で認知度の高まった新世代のシトロエンデザイン、その文法をベルランゴも踏襲している。実用的なコンパクトカーやトールワゴンをクロスモデルぽく見せる魔法のデザインだ。



実際に見るベルランゴはウエストラインが意外と高い。デザイン上のアクセントであるBピラーのキック、そして同じモチーフのウインドウグラフィックや黒っぽいバンパー・ホイール、さらにルーフレールのおかげもあってSUVのような道具感がリフターやカングーよりも強い。

文・写真:馬弓良輔 Words & Photography: Yoshisuke MAYUMI

RECOMMENDEDおすすめの記事