新しい次世代のハイパフォーマンスPHEV、マクラーレン・アルトゥーラ発表

mclaren automotive

本日、先駆的なラグジュアリー・スーパーカーメーカーの新しい章の幕開けと、スーパーカーの技術と性能における新時代の到来を告げる、マクラーレン アルトゥーラが発表された。

アルトゥーラは、マクラーレン初のシリーズ生産ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカーだ。 レーシングカーとロードカーにおける半世紀以上の専門性と経験を注ぎ込み、マクラーレンがこだわるドライバーとのピュアな一体感と画期的なテクノロジーを融合した次世代スーパーカーとなった。

マクラーレンの哲学である超軽量エンジニアリングに支えられた アルトゥーラは、特徴的なデザイン、比類ないパフォーマンス、優れたダイナミクス、革新的テクノロジーといった、マクラーレンの全モデルに備わる特質の極致である。そこに電動化によるスロットルレスポンスの短縮、CO2排出量の削減、純粋なEVモードによる最長30kmの排出量ゼロの走行といった恩恵が上乗せされた。

ベースからすべてが新しいアルトゥーラは、マクラーレンのエンジニアやデザイナーにとって、新たな変革のチャンスとなった。なかでもEモーターとバッテリーパックなど、ハイブリッド・パワートレインの要素を付け加えながら、いかにしてマクラーレンの超軽量エンジニアリングの哲学を守るかが主な課題となった。



厳格な重量削減プログラムは、シャシー・プラットフォーム(これがデビューとなる新マクラーレ ン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用)から、独特のコンパクトな HPHパワートレイン、電気系統で使われる配線の重量(10%の削減に成功)まで、アルトゥーラのあらゆる範囲に及んだ。その結果、アルトゥーラは最軽量の乾燥重量 1,395kgを達成。ハイブリッド・コンポーネントの総重量はわずか130kg(うちバッテリーが88kg、Eモーターが15.4kg)で、DIN 車両重量は1,498kgだ。これは、ハイブリッド・パワートレインを搭載“しない”スーパーカーと同等であり、 アルトゥーラに超軽量というアドバンテージをもたらしている。

「マクラーレンの経験と専門性を一滴残らずアルトゥーラに注ぎ込みました。この新しいハイパフォーマンス・ハイブリッドモデルは、マクラーレンの特徴として名高いあらゆるパフォーマンス、ドライバーとの一体感、優れたダイナミクスに、EV モード走行が可能なドライビング性能が上乗せされています。アルトゥーラの登場は、マクラーレンにとって歴史的な瞬間であるばかりでなく、今後このモデルを感性と理性の、あらゆるレベルで堪能されるオーナーの皆様にとっても、スーパーカー界全体にとっても、画期的な瞬間といえます」と、マクラーレン・オートモーティブ CEOのマイク・フルーウィットは語る。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事